直噴エンジン編

| 未分類 |

直噴エンジンは、高圧のガソリンをエンジンの吸気行程から圧縮行程にかけて、インジェクターからシリンダー内に直接噴射するガソリンエンジンの事です。
シリンダー内の気流を利用しているので、点火プラグ付近に燃焼可能な混合比の層を形成する事で、シリンダー内全体の空燃比を20:1から55:1に設定でき、従来のエンジンに比べて圧縮比を高くできる事と、燃料噴射後に気化熱を吸収してくれる事で、ポンピングロスの低減、比熱比の改善、冷却損失の改善などにより、低燃費と出力向上といったメリットがあります。
また、燃料の気化や霧化に優れており、排気温度の制御が行いやすい事により、排気ガスの低減や有害成分の低減などといった効果があります。
高負荷時は、空燃比を12:1に切り替え、吸気行程でガソリンを噴射し、ガソリンの気化熱によりシリンダー内の吸気が冷却されるので、充填効率が向上して高出力が得られ、排気量や気筒数を減らしたダウンサイジングが可能になります。
ダウンサイジングは、ターボチャージャーやスーパーチャージャーなどの過給機を組み合わせ、大排気量の自然吸気エンジンと同等の動力性能を確保でき、コストダウンが可能になります。