マフラーの役割について

| 未分類 |

マフラーとは車の後ろに見える金属のパイプの部分のことをいいます。役割についてはエンジンから排出された排気ガスはとても高圧力で高温なので大気に触れると急激に膨張して空気を震わせるため大きな音を発生させます。段階的に膨張・干渉などを繰り返して圧力と温度を低下させることでその音を小さくしていったり、排気ガスの浄化や音量・温室の調整などを担っています。車のパフォーマンスの低下が起きていたり破損していたりすると最悪の場合保安基準に適合しないことがあり時々チェックをすることが大切です。チェックのポイントとしては基本的にはサビとへこみ、穴の3つがあげられます。ステンレス系の素材のものであればサビは発生しにくくなっていますが、サビを放置していると穴が開いたり折れたりすることもあるのできちんとチェックしておきましょう。平気ガスをスムーズに放出する役目がありますが、その途中でへこんでいるとその流れを妨げてしまうことがあります。また口が大きいスポーツタイプに交換している場合には大きなへこみがあるとその分排気効率が落ちてしまいます。穴が開いた場合には音が急に大きくなるのですぐに気がつくことが多いです。音が大きくなるだけでなくその場所によっては有害ガスを出すことになってしまうのですぐに対策をする必要があります。