エンジンの種類と特徴

| 未分類 |

自動車のエンジンには、いくつかの種類がありますが、大きく分けると、レシプロ型(往復型)とロータリー型(回転型)とがあります。

レシプロ型は、燃料の燃焼時の爆発を利用して、ピストンを往復駆動させるタイプです。
シリンダの内部に、上下に移動する円筒形状のピストンが収容されています。このピストンの上側の空間において、ガソリンや軽油などの燃料が、圧縮された空気とともに導入されて燃焼します。このとき、燃焼時の爆発によって気体が大きく膨張し、それによって、ピストンが一気に押し下げられます。ピストンにはコンロッドを介してクランクシャフトが連結され、ピストンの下降がクランクシャフトによって回転運動に変換され、車輪に伝達されます。

一方、ロータリー式は、ハウジング内に、おむすび型のロータが収容されており、ロータはハウジング内で回転可能です。ハウジングとロータとの間には3つの空間が形成され、それぞれ、吸気、燃焼(爆発)、排気の行程がそれぞれ同時に行われます。
燃焼行程が行われる空間で燃料が燃焼すると、そのときの膨張によりロータが回転します。この方式の特徴は、ロータの回転をそのまま取り出すことができることから、レシプロ式のように、ピストンの往復運動を回転運動に変換するための部材が必要ない、という点にあります。