SOHC編

| 未分類 |

SOHCは、エンジンの一形態で、シングル・オーバーヘッド・カムシャフトの略で、シリンダーヘッドに置かれた1本のカムシャフトを回転させ、吸気バルブや排気バルブを駆動させます。
特徴としては、バルブ周辺の慣性質量を減らせるので、吸排気バルブの開閉タイミングの管理が容易になり、駆動抵抗が少なくなるので燃費の良いエンジンと、重心を低くする事が可能になります。
また、吸排気バルブの数が増やせないので、高回転型のエンジンには不向きであり、バルブ一本当たりの慣性重量が大きくなり、バルブ挟み角などのバルブのレイアウトの許容範囲が狭くなる傾向になります。
さらに、ロッカーアームが吸排気バルブを開閉する力によって弾性変形するので、高回転になるほどバルブ開閉の精度が落ち、バルブジャンプやバルブサージングが発生する事があります。
基本的に、シリンダーあたりのバルブ数は、吸気が1で排気が1の2バルブですが、吸排気効率を高める目的で、吸気が2で排気が1の3バルブや、吸気が2で排気が2の4バルブのマルチバルブエンジンもあり、センタープラグの配置がカムシャフトと干渉してしまう事から、プラグを傾けて配置するレイアウトが主流となっています。