スーパーチャージャー編

| 未分類 |

スーパーチャージャーは、過給機の一種で、エンジンのクランクシャフトから動力を取り出し、コンプレッサーを駆動させて、圧縮した空気を強制的にエンジンに供給するシステムで、圧縮比や爆発圧力が高まり、エンジンの出力が向上します。
スロットル開度による反応が敏感で、低回転域からの過給が可能なので加速性能に優れており、大排気量エンジンにも対応しています。
また、性能曲線上のトルクがフラットトルクのため、高回転域の出力がターボ車に比べると劣る事がありますが、トランスミッションに関しては、マニュアルでもオートマチックでも相性が良いのが特徴で、軽自動車からSUV車まで、幅広く採用されています。
エンジンが掛かっている状態では、コンプレッサーが作動しているので、エンジン出力の一部が無駄になっている場合が多く、燃費の悪化に繋がります。
また、部品点数も多く、機械加工の増加などで生産コストが上がる傾向にあります。
種類は遠心式、ルーツ式、リショルム式、スクロール式、ベーン式、レシプロ式などがありますが、自動車で多く使われているのはルーツ式であり、空気の吸入側と吐出側が常に完全に仕切られる構造であり、車が停止している状態でも吐出側の高圧空気が吸入側に漏れないのが特徴です。