ターボチャージャー編

| 未分類 |

ターボチャージャーは、過給機の一種で、排気ガスの内部エネルギーを利用してタービンを回転させ、回転力で遠心式圧縮機を駆動させて、圧縮した空気を強制的にエンジンに送り込み、圧縮比や爆発圧力が高まる事で、エンジン出力が向上するシステムです。
高温高圧の排気ガスの運動エネルギーと熱エネルギーを回収するため、熱効率が上がり、大排気量エンジンと比較して、部分負荷運転時の燃料消費率が低減されます。
また、排ガスの量が足りないと、ターボの効果は発揮できず、タービンが回り始めてから一定の回転数に達するまでの、ターボが効いていない状態をターボラグと言い、ある回転以上から急に出力が立ち上がるので、アクセルの踏込みに対するレスポンスがスムーズに行かない事があります。
ターボの種類には、シングルターボ、ツインターボ、シーケンシャルターボなどがあり、シングルターボは1基のターボを用いて過給させるシステムで、ツインターボは小型のターボを2基用いる事で、回転体の慣性モーメントを低くでき、ターボラグの低減が可能になります。
シーケンシャルターボは小型と大型のターボを用い、エンジンの低回転時は小型のターボが作動し、高回転になると大型のターボが作動するシステムです。