ターボパーツの役割とは

| 未分類 |

ターボパーツはいくつかの部品から構成されています。まずターボの本体ともいえるタービンとその内部に収まっている風車を二つつなぎ合わせたような形のインペラー、そして加給され圧縮された混合気を一旦冷ますための中間冷却器(インタークーラー)、そしてそれらをつなぐパイプとブースト系などの補機類です。エンジンから排気された排ガスがインペラーと呼ばれる風車を二つつなげたような部品を回すと、その回転力が吸気側の風車に伝わり、吸気側の混合気を圧縮します。空気が圧縮すると熱を持ってしまうために混合気が薄まってしまいます。このため一旦インタークーラーを通過させ圧縮された混合気を冷まします。このためインタークーラーの設置場所が車両前方、ラジエーターに近いところにおかれるケースが多くみられます。結果的により多くの混合気がシリンダー内に送り込まれます。この時の気圧がブースト系に示されるのです。このようにターボシステムの役割はより多くの混合気を圧縮してより大きな爆発力と出力を獲得しようとすることにあります。使用するタービンの大きさやコンピュータプログラムによるブースト圧の設定などによってその車の走りの特性も大きく変わってきます。